安西篤子

安西篤子

あんざいあつこ

神戸市生まれ。神奈川県立第一高女卒。「張少子の話」(「花あざ伝奇」に所収)で直木賞。「黒鳥」で女流文学賞受賞。

spacer

花あざ伝奇

安西篤子 著 / 講談社文庫 / 3.5 / *

あらすじ

兄王への謀反を企んだとされ、追われる身となった李王韶(しょう)。名を秘し、張少子と呼ばれ逃亡生活に入った。少子が正体を明かすと...。直木賞受賞作「張少子の話」ほか。

「花あざ伝奇」の感想

本短編集に所収の「張少子の話」が直木賞受賞作。傾国の妲己、始皇帝の父とも言われる呂不韋、三国志の曹操など、著名な中国史の人物を描いた短編集です。中心人物がどこかで読んだ事のある人や、どこかで読んだ国の話ばかりであるせいか、大変読みやすい印象を持ちました。

直木賞受賞作の「張少子の話」は、少し幻想的な雰囲気もある短編でした。感情的にはそれほどのめりこんで読めるタイプの作品ではなく、サラッと読めてしまう感じです。クライマックスに描かれた情景は、本短編集の中で唯一悠久の中国の自然と歴史の大きさを感じさせる描写だったように思います。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists