川端康成

川端康成

かわばたやすなり

大阪に生まれ。東京帝国大学国文学科を卒業。「伊豆の踊子」「雪国」などが代表作。日本人として初のノーベル文学賞を受賞。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

「 雪国 」

川端康成 著 / 新潮文庫 / 3.5 / *

あらすじ

無為の孤独を非情に守る島村に寄せる雪国の汚れのない芸者・駒子の純情。人生の哀しさ美しさをうたう。

「雪国」の感想

久々に、行間を読ませまくる本を手に取ったという感じがしました。ぼんやりと読んでいたら、風景に心情が流れて行きそうな感じです。読んで、どこか読み飛ばしたような気がして戻り、また進む...。私の力では、そういう読み方しかできませんでした。しかし、大分読み流してしまった気がします...。考えながら読まないと、先に進めない作品でした...。

言葉が難しいわけでもなく、流れが複雑なわけでもないのだけれど、ちょっと難しい気がしました。もしかして、時代のせいかしら? それとも、この作品の持つ空気のせいか。いや、読解力不足だな...。いずれまた、いずれまた、読み返さないといけない気がします。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists