宮城谷昌光

宮城谷昌光

みやぎだにまさみつ

愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒。「重耳」で芸術選奨文部大臣賞。「子産」で吉川英治文学賞。「夏姫春秋」で直木賞を受賞。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

夏姫春秋(上、下) 」

宮城谷昌光 著 / 講談社文庫 / 3.5 / *

あらすじ

小国「鄭」は、超大国「晋」と「楚」の間で、絶えず翻弄されていた。「鄭」の絶世の美少女夏姫は兄の妖艶な恋人であったが、孤立を恐れた鄭公によって、陳の公族に嫁がされた。

「夏姫春秋」の感想

直木賞受賞作。「傾国の美女」という単語に期待を寄せ過ぎたのか、夏姫の傾国たるべき魅力が一向に分かりませんでした。奇跡的な美しさと描かれても、妖艶きわまりない美女と描写されても、ピンと来ません。外見の描写に内面の描写が全く追いつかないので、夏姫はやけに薄っぺらな印象になりました。特に濃いエピソードもなく、読み終わってしまいましたし。

途中から登場の荘王の印象などは非常に強く、魅力的なエピソードで面白く読めました。夏姫がメインと思わず、ある中国のお話という程度で読めば良いかもしれなかった作品です。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists