武者小路実篤

武者小路実篤

むしゃこうじさねあつ

東京生まれ。東京帝国大学文科大学哲学科社会学専修中退。代表作は「友情」「愛と死」「人生論」。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

「 友情 」

武者小路実篤 著 / 新潮文庫 / 3.5 / *

あらすじ

主人公野島とその親友大宮における友情と恋愛―永遠の青春小説。

「友情」の感想

友情と愛情の話。結末も含めて、非常に有名な話です。古典的に有名な作品の中では、文章が平易かつ短く、かなり読みやすい部類に入る気がします。恋愛小説というのは、時代を経てもあまり変わらないのかもしれません。

「自分の本当に大切な人が、親友を愛してしまったら...。」というシンプルな筋で、若さ溢れる結末。どう見てもより大人で魅力的に見える大宮と、ラストシーンでようやく大人になったような感じの野島が、同じ女性を愛します。結末は分かっていても、なかなか面白い。そして改めて、女って本当に、嫌いな男には残酷になれる生き物だよなぁなんて思った本。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists