坂口安吾

坂口安吾

さかぐちあんご

新潟生まれ。東洋大学印度哲学倫理学科卒。代表作は「堕落論」、「白痴」など。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

「 白痴 」

坂口安吾 著 / 新潮文庫 / 3.5 / *

あらすじ

「白痴」「青鬼の褌を洗う女」等を収録。奔放不羈な精神と鋭い透視に析出された"肉体"の共存―可能性を探る時代の補助線―感性の贅肉をとる力業。

「白痴」の感想

短編集ですが、一人の人の作品とは思えないほど、種々の趣向を楽しめます。古典のつもりで読み始めたのに、古臭さは感じませんでした。それに、絶対無理かもと思って読み始めたのに、意外に面白い!

非常にドライな目で人間を書いているかと思えば、女性の心の中のぼんやりしたものを描いたりと、その幅広い描写力に驚きました。古典もやるもんだ。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists