白石一郎

白石一郎

しらいしいちろう

釜山生まれ。早稲田大学卒。「雑兵」で講談倶楽部賞。「海狼伝」で直木賞。「海鬼たちの海」で柴田錬三郎賞を受賞。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

海狼伝

白石一郎 著 / 文春文庫 / 3.5 / *

あらすじ

海と船への憧れを抱いて対馬で育った少年笛太郎は航海中、瀬戸内海を根城とする村上水軍の海賊衆に捕まった。彼はその手下となり、やがて「海のウルフ」に成長して行く。

「海狼伝」の感想

直木賞受賞作。立身出世と恋と親子関係と海賊と...、とにかく盛りだくさんの青春冒険小説でした。「海のウルフ」に成長する、と文庫裏に書いてあったので、どうなるのかと期待していたのですが、「海のウルフ」の本領は見せずじまいという感じがしたのは、とても残念でした。まぁ、楽しく読みましたが。

船の帆がどうのこうのと言う描写は、私にはさっぱり分かりませんでした...(船酔いが酷いので、船は苦手です)。形やらなにやらで何が違うのか、何をそんなに笛太郎が驚いているのか、ここに共感できればもっと面白く読めたのかもしれません。主人公が自分の力で名を上げて行くのはこれからなのだな、と思えるラストシーンだったので、続編の「海王伝」をもし見つけたら、ぜひ読んでみたいと思います。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer
<追加した書評>
【海狼伝 /文春文庫】
−あらすじ−
海と船への憧れを抱いて対馬で育った少年笛太郎は航海中、瀬戸内海を根城とする村上水軍の海賊衆に捕まった。彼はその手下となり、やがて「海のウルフ」に成長して行く。

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists