高村薫

高村薫

たかむらかおる

大阪市生まれ。国際基督教大学人文科学科卒。「黄金を抱いて翔べ」で日本推理サスペンス大賞。「リヴィエラを撃て」で日本推理作家協会賞。「マークスの山」で直木賞。「レディ・ジョーカー」で毎日出版文化賞を受賞。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

感想一覧

spacer
spacer

リヴィエラを撃て(上、下) 」

高村薫 著 / 新潮文庫 / 3.5 / *

あらすじ

元IRAテロリストの死。それが、全ての序曲だった―。彼を衝き動かし、東京まで導いた『リヴィエラ』とは何者なのか?

「リヴィエラを撃て」の感想

日本推理作家協会賞受賞作。内容も展開も、女性が書いたとはとても思えない非常にハードな内容。また、話の動く時間軸が長く、物語の舞台も大きく移動しながら描かれて行く、壮大な物語です。

登場人物も多く、その関係が複雑なので、できるだけ短時間で読み終えることができる環境で読まないと、「あれ、この人って...?」という状況に陥る作品です(←私は最初そうなりました...)。名前がカタカナなので、カタカナが苦手な私には辛かった...(言い訳1)。夢中で読める程、好みの作品でもなかったし...(言い訳2)。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

spacer

マークスの山(上、下) 」

高村薫 著 / 講談社文庫 / *  / 3.5

あらすじ

俺は今日からマークスだ! 精神に"暗い山"を抱える殺人者マークス。南アルプスで捲かれた犯罪の種子は連続殺人事件として開花した。

「マークスの山」の感想

直木賞受賞作。全ての始まり、そしてこの物語を支配する暗い山の描写。そんな冒頭部分は非常に雰囲気があり、その後の展開を期待させるに十分でした!

しかし、最後まで読むとピンと来ません。犯人の意外性は全くない作品なわけですから、人間の影の描写のようなものを読ませる作品として見て良いと思います。しかし、それにしては人間をそれほど描ききった感じもなく...。オープニング部分は本当に迫力があって素晴らしかったので、全体を期待し過ぎたのかもしれません。ミステリにロジックを期待する方には、オススメできない作品。

もしかして、この作家さんの作品とは相性が悪いのかも。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists