高橋克彦

高橋克彦

たかはしかつひこ

岩手県生まれ。早稲田大学商学部卒。「写楽殺人事件」で江戸川乱歩賞。「総門谷」で吉川英治文学新人賞。「北斎殺人事件」で日本推理作家協会賞。「緋い記憶」で直木賞を受賞。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

緋い記憶

高橋克彦 著 / 文春文庫 / 3.5 / *

あらすじ

古本屋で見つけた生まれ故郷の古い住宅地図には、あの少女の家だけがなぜか記されていなかった。同窓会を口実に、主人公は故郷を訪ねる。

「緋い記憶」の感想

表題作「緋い記憶」が直木賞受賞作。本作には他にも「ねじれた記憶」など、全部で7つの「記憶」にまつわる短編が収められています。忘れてしまった過去の記憶や、歪められていた過去の記憶に秘められた真実が、なんとも恐ろしい作品です。

著者は乱歩賞と日本推理作家協会賞を受賞した作家さんですが、本作に収められた短篇のうち、特にミステリ色の強い「冥い記憶」「霧の記憶」には少し物足りない印象を持ちました。「記憶」の描写だけでなく、これにミステリの要素をきっちり加えて満足させるのは、この短さでは難しかったのかもしれません。残りの5作は、ホラー・恐怖といった要素の強い作品ですが、こちらは本当に面白いです。こちらだけなら、私の中では4.5点!凝った趣向を大変上手く描写した作品で、興味深いと思いました。個人的には、「緋い記憶」のラストなど一人称での描写に無理がある場面がある気がして、気になったりもしましたが...。どうなのかな?

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer
<追加した書評>
【緋い記憶 /文春文庫】
−あらすじ−
古本屋で見つけた生まれ故郷の古い住宅地図には、あの少女の家だけがなぜか記されていなかった。同窓会を口実に、主人公は故郷を訪ねる。

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists