高橋義夫

高橋義夫

たかはしよしお

千葉県生まれ。早稲田大学卒。「狼奉行」で直木賞を受賞。

spacer

狼奉行

高橋義夫 著 / 文春文庫 / 3.5 / *

あらすじ

羽州上山藩の若き武士・祝靱負は、お家騒動の余波で山代官の下役に配される。家格に似合わぬ役目に力を尽くす寡黙な若者に襲いかかる自然の驚異。狼の来襲。狂犬病。

「狼奉行」の感想

表題作「狼奉行」が直木賞受賞作。他2編の中篇も収めた作品集です。「狼奉行」は、面白くないとも言い切れず、しかし見所のよく分からぬ作品でした。風雪・狼という自然との闘いに焦点を当てれば、直木賞作家・新田次郎が描いたような緊迫感も迫力もありません。若い侍の成長に着目しても、直木賞作家・藤沢周平や乙川優三郎のようには心に響かない...。特に落ち度もなければ、特に目を引く点もない、無難に上手い作品なのかもしれません。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists