矢野健太郎

矢野健太郎

やのけんたろう

東大理学部数学科卒業。世界的に認められた数学者。

spacer

「 数学物語 」

矢野健太郎 著 / 角川文庫 / * / 3.5

あらすじ

現在記録に残っている最も古い数字、エジプト、バビロニアの数字。それがギリシャへ渡り、ヨーロッパへ。数学の権威の著者が、数学の誕生から、それが発展していく様子を平易な文章で説く。

「数学物語」の感想

「数字」がどのように進歩していったのか。数学の基礎を作った有名な数学者って、どんな人がいるんだろう。というようなことが、簡単に書かれた本。途中途中に、数学の問題が例としていくつか出てきますが、小学校や中学校で習ったものばかりだし、抵抗なく読める人がほとんどだと思いました。最後のオイラーグラフのみ大学の範囲ですが、平易です。

ところどころに散りばめてある、数学にまつわる挿話が面白いです。数字の成り立ちから、高度な数学の概念まで、幅広く数学の話を取り扱っています。そこまでの内容を、分かりやすく説明しようとする所に感動を覚えます!

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists