ジョン・グリシャム

ジョン・グリシャム

John Grisham

アメリカのアーカンソー州生まれ。ロースクールを卒業後、弁護士、州の下院議員などをしながら書いた、「評決のとき」で作家デビュー。「法律事務所」「ペリカン文書」「依頼人」など、著作の多くが映画化される人気作家である。

spacer

オフィシャルサイト(海外)

spacer
spacer

ファンサイト

spacer
spacer

感想一覧

spacer
spacer

法律事務所(上、下) 」

ジョン・グリシャム 著 / 新潮文庫 / 4.0 / *

あらすじ

ハーバードを優秀な成績で卒業したミッチは、小さな法律事務所から高額の年俸、BMWの新車つき一軒家という破格の待遇で迎えられた。だが、こんなうまい話、この世の中にあるわけない...。

「法律事務所」の感想

著者の作品の中で、一番の傑作という声も高い作品です。もちろん、映画化済み。読んでみると、展開のスピード感やワンシーンの緊張感が、原作の段階で既にハリウッド映画っぽい感じがします...。

とにかく本作は、手に汗握るサスペンスとスピード感が素晴らしいです。しかし、特に印象的なシーンもなく、良いセリフもなく、人を考え込ませる深さがあるわけでもなく...。ただ「スピード感」だけで読まされた感じがしなくもありません。夢中で読みましたし、面白かった! にも関わらず、心に響くものが何もないのがむしろ不思議な作品...。

文芸作品の映画化は、原作を超えられないことが多い。それは、「映像」で伝えきれない精神的なものを、文章だと深く描写でき得るからだし、人間の想像力が映像の範囲を超え得るからだと思います。その点この作品は、映画で見たら十分とも思える作品...。文章から映像を超えるものを、感じませんでした。

他のサイトでも感想を見る or 購入する(小学館文庫)

* 書影の著作権は各出版社にあります

他のサイトでも感想を見る or 購入する(新潮文庫/絶版)

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists