ユン・チアン

ユン・チアン

Jung Chang

中華人民共和国四川省生まれ。代表作「ワイルド・スワン」は世界的なベストセラーとなった。

spacer

「 ワイルド・スワン(上、中、下) 」

ユン・チアン 著 / 講談社文庫 / 4.0 / *

あらすじ

十五歳で著者の祖母は軍閥将軍の妾になる。中国全土で軍閥が勢力をぶつけ合う1927年のことであった。続く満州国の成立。直前に生まれた母は、新しい支配者日本の過酷な占領政策を体験する。

「ワイルド・スワン」の感想

世界的なベストセラーになった、ノンフィクション。著者のユン・チアンは共産党高級官僚の娘だった人で、過酷な次代の中国において非常に恵まれた境遇にありました。そこへ至る、纏足を持つ著者の祖母を通して見える中国・満州の文化、そして母親を通して見る中国の共産社会が大きな見所となっています。この女三代の物語は、女から見た近代中国の歴史そのものです。

世界的に読まれた本ではありますが、日本人にとっては「日本の満州支配」のくだりなど、特に感じる物があるはずです。描写は感情的でなく、淡々としていながら、当時の共産主義社会や文化大革命と言った次代の渦を、人の目から見た記述で読める貴重な作品でもあります。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists