K・グリムウッド

K・グリムウッド

Ken Grimwood

経歴等詳細を明かしていない作家。「リプレイ」で世界幻想文学大賞を受賞したが、その授賞式にも欠席した。

spacer

リプレイ

K・グリムウッド 著 / 新潮文庫 / 4.5 / *

あらすじ

ジェフは43歳の秋に死亡した。しかし気がつくと学生寮にいて、どうやら18歳に逆戻りしたらしい。記憶と知識は元のまま、身体は25年前のもの。株も競馬も思いのまま、彼は大金持に。が、再び同日同時刻に死亡。気がつくと、また―。

「リプレイ」の感想

傑作ですね。世界幻想文学大賞を受賞していますが、ファンタジック過ぎて敬遠するような作品で全くありません。描かれている人生の「リプレイ」という現象そのものがまず、秀逸。ただタイムマシンでタイムスリップするのとは全く異なる、巧みな時間世界です。そしてそのリプレイの中での出会いや苦しみが、物語をどんどん深めていきます。北村薫の「ターン」とは、比べ物にならない素晴らしさです!

繰り返される「人生の選択」。次の人生では、と言いながらの新しい挑戦。「リプレイ」の果ての、ジェフの決意は、さわやかな読後感を与えます。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists