ツルゲーネフ

ツルゲーネフ

Turgenev

ロシア生まれ。社会問題を取り扱った作品で、大きな社会的反響を巻き起こした作家。

spacer

「 はつ恋 」

ツルゲーネフ 著 / 新潮文庫 / 3.5 / *

あらすじ

年上の令嬢ジナイーダに生れて初めての恋をした16歳のウラジミール深い憂愁を漂わせて語られる、青春時代の甘美な恋の追憶。

「はつ恋」の感想

もちろん、タイトル通り初恋の物語です。しかし、淡い初恋のときめきの物語では決してありません。だからこそ、意外に面白く読みました。

初めての恋に心躍らせる少年(と言っても16歳)が、その美しいときめきの時を経て知った真実は、淡い初恋の喜びを真っ黒に塗り潰すようなものなのです。彼は少年らしい、淡い恋心を抱いていました。しかし、彼の初恋の女性は既に大人の恋の苦しみに、身を浸し初めていたのです。正直、こんな初恋じゃかわいそう、と思うような「はつ恋」でした。ロシア貴族の家の出である著者が書いた作品なのですから、このような事は「ある事」だったのかもしれませんが、残酷な物語です。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists