S・S・ヴァン・ダイン

S・S・ヴァン・ダイン

S S Van Dine

アメリカ、ヴァージニア州出身。「ベンスン殺人事件」で作家デビュー。代表作は「グリーン家殺人事件」「僧正殺人事件」。また、ミステリ小説のルールを唱え「推理小説の二十則」を発表している。

spacer

ファンサイト

spacer
spacer

ファンサイト

spacer
spacer

僧正殺人事件

S・S・ヴァン・ダイン 著 / 鳩中文庫 / 4.0 / *

あらすじ

マザー・グースの童謡を完璧に再現したコック・ロビンの死体が発見され、ひと月近くにわたってニューヨークを震撼させることとなる悪夢がはじまった。無邪気と残酷が入り交じる超難解な事件...。

「僧正殺人事件」の感想

「グリーン家殺人事件」と共にS.S.ヴァンダインの最高傑作と名高い一作。マザー・グースの子守歌の歌詞を模した殺人事件が次々とディラード邸の周囲で起きます。「童謡殺人」は個人的に大好きな手法です。本作において、長い導入部などなしに突然聞こえてきたマザー・グースは、その後の展開を期待させるに十分でした! 当然、中盤以降も飽きさせない展開の上手さが光ります。

狂気とも思える動機、一連の残酷な犯行については、現代人が読んで驚くようなものではありません。しかしそれでも、効果的な童謡やスリリングな展開が魅力的で、面白い作品でした。

他のサイトでも感想を見る or 購入する

* 書影の著作権は各出版社にあります

spacer

▲ Top of this Novelist

▲ Back to Index of Novelists